サーモス真空断熱タンブラー使用体験レポート

真空断熱タンブラー、保冷・保温効果が高いヒミツ

真空断熱タンブラーを使ってみるとすぐに分かるのですが、冷たいものは冷たく、温かいものは温かく、その保冷・保温効果の高さに驚かされます。

真空断熱タンブラーの断面

こちらは真空断熱タンブラーに同封されていた説明書の図なんですが、こんな感じでタンブラー内部と外部の間に真空の隙間があり、そこで外部からの熱を遮断しているということ。

熱の伝わり方には「対流」「輻射」「伝導」の3種類。

「対流」は空気が移動することで、「輻射」は光を通じて温まったり冷えたりしますが、真空部分があることでこれらは遮断されます。

「伝導」は固体を通して熱が伝わるものなので、真空内で浮かせない限り100%カットすることはできないわけですが、真空断熱タンブラーは飲み口部分以外は真空の壁で囲まれており、限りなく熱が伝導しない構造になっています。

タンブラー自体はステンレスでできているので、タンブラー自身に熱を保つ効果もあり、前記の真空による断熱効果と合わせ、保冷・保温効果が高くなっている、というのが真空断熱タンブラーのヒミツです。